FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

子宮からの手紙

そろそろ梅雨になりますね 
マタニティライフいかがお過ごしですか?

お産というと、陣痛。
陣痛というと、痛い。
と、イメージしてしまいやすいですよね(私もその1人でした)
ですが、赤ちゃんが生まれてくるために陣痛は大切ですし
女性は元より産む能力を備えています
潜入感や知性が邪魔してしまい
時に不安になったり緊張してしまってうまくお産が進んでくれない
・・・なんてこともあるのです 

ここでちょっと心が楽になる『子宮からの手紙』をご紹介します 


『私は子宮です。
私の唯一の働きは収縮です。収縮はエネルギーです。
私は今妊娠しベビーを抱えています。
キレイな羊水をいっぱいに満たし
その中にベビーを浮かべて育てています。
時々可愛くてたまらず、優しく収縮して抱きしめています。
しかし、やがてそのベビーとの悲しい別れの日がきます。

予定日が来ると私はベビーを世の中に送り出すために
収縮して子宮口を開きます。
そしていよいよベビーが生まれる時は
世の中に出て呼吸するのに困らないように
収縮するたびに胸を圧迫して呼吸運動を教えます。

私の不満は私の主人である貴女が私に
「陣痛」というあだ名をつけていやな目で見ていることです。
私は何も貴女を苦しめているわけではありません。
むしろ、私と一緒になってベビー誕生に力を貸してください。
いえ、何も力を貸すといってもそんなに難しい事ではありません。
私がエネルギーを出して力いっぱい収縮したら
「あら、お願い、ご苦労様」といって
心と体をリラックスしてくれれば、それでいいんですよ。
そしてゆっくり息を吐いたり
動きたいように動いてみてください。
それだけで私の仕事ははかどります。
まあ、妊娠中も時々私に話しかけてください。
そして、私が抱えているベビーともお話してくださいね。
私達はよい仲間なのですから・・・。
触ったり、撫でたりしていただくと私本当にうれしいのです。

それではお産の時会いましょう。サヨウナラ』

              引用 自然出産とマタニティヨーガ
                  大島 璋二先生

               ー0080-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

島貫医院

Author:島貫医院
〒992-0045
山形県米沢市中央2-5-12
山形県米沢市にある、産科産婦人科の島貫医院です。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード